介護・バリアフリー工事

長い時間を過ごすお住まいは、どこよりも一番安全な場所であるべきところです。
そのため、年齢や身体の不自由に関わらず、安心・安全に生活できるようにするのが、介護・バリアフリー工事の役割。

当社では、階段や浴室に手すりを設置するといった小規模な施工から、住宅の内外にスロープをつけて車イスで不自由なく生活できるようにするといった大規模な施工まで、規模の大小を問わず承っています。

当社では今だけでなく、5年後、10年後を見据えて、安心して使える空間をご提案。
段差でつまずいたり、階段で転んで怪我をしてしまうことのないよう、危険のある場所はバリアフリー工事で未然に防ぎましょう。

■高齢者住宅改修費用助成制度

介護・バリアフリー工事をするにあたって、必ず確認しておくべきものが『高齢者住宅改修費用助成制度』。
ご家族内に要介護認定(※要介護認定で「要支援1・2」もしくは「要介護1~5」)を受けている被保険者がいる場合、介護保険制度で補助金が支給されます。

この制度を利用するには、市区町村の各自治体や保険福祉センターに事前の申請が必要となります。
申請の仕方がよくわからない場合は、当社が申請手続き等のサポートもいたしますので、お気軽にご相談ください。

■介護リフォームの対象となる工事内容例

◇手すりの設置
使用者のことを考え、高さや取り付け位置を決めましょう。

◇段差や傾斜の解消
家の中に段差があると、ふとした拍子につまづいて転ぶケースも。
不安要素はスッキリ解消しておきましょう。

◇引き戸などへの取り換え
「押してあける扉」「手前に引いてあける扉」は車イスを利用する人にとって非常に使いづらいもの。
引き戸への変更がオススメです。

一覧ページに戻る